now loading

映画『約束のネバーランド』

Minami Hamabe
浜辺美波
as エマ
首の認識番号は63194。
抜群の運動神経と高い学習能力を持ったムードメーカー。
日々行われるテストではフルスコアを記録する天才。
子供達との鬼ごっこでは誰一人見捨てない愛情の持ち主。

COMMENT
「約束のネバーランド」は、今回のお話しを頂く前から熟読していて、本当に愛してやまない漫画です。(連載中のジャンプに加えてコミックスも買いましたが、さらに電子書籍も購入しているほど!)そんな原作の実写映画化をするにあたって、美しい世界観を表現することの難しさに頭を抱えた事も多々ありましたが、この作品に懸ける平川監督をはじめとするスタッフの皆様と、元気いっぱいの子供たち、そして何よりも私の中にある原作愛を原動力にすることで、迷いを乗り越えて、この作品でエマを演じることが出来て良かったと思えるようになりました。私と同じように原作を愛する方々の想像を超える“ネバーランド”に、皆様を導けるよう全力を尽くします。

PROFILE
2000年8月29日生まれ、石川県出身。
2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションでニュージェネレーションに選ばれ、同年『浜辺美波~アリと恋文~』で映画主演を飾る。2017年には『君の膵臓をたべたい』で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の賞を受賞し、いま最も成長著しい若手女優の一人。

【主な映画出演作】
『映画 賭ケグルイ』シリーズ(19/英勉監督)
『屍人荘の殺人』(19/木村ひさし監督)
『思い、思われ、ふり、ふられ』(20/三木孝浩監督)
Kairi Jyo
桧吏
as レイ
首の認識番号は81194。
GFハウスの子供達の中で唯一ノーマンと渡り合える知恵者。
日々行われるテストではフルスコアを記録する天才。
クールで冷静沈着。一人で本を読んでいることが多い。

COMMENT
「約束のネバーランド」は以前からとても大好きな作品で、今回出演させて頂くことが決まってとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。演じさせて頂く「レイ」は、周りのみんなより少し大人で、そして冷静で色んな知識を持っています。自分にはない部分が多いので、よりレイに近づけるように大人の人と話す機会を作ったり、監督から教えてもらった作品を観たりなど、色々な準備をしながら学んできました。とても素敵な映画になると思っています。皆さん公開まで楽しみにしていてください。

PROFILE
2006年9月6日生まれ、東京都出身。
2018年公開の是枝裕和監督作『万引き家族』では、オーディションを勝ち抜き主人公一家の息子・祥太役を獲得。同作はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、日本アカデミー賞をはじめ国内外の様々な賞にノミネートされ、第71回カンヌ国際映画祭では最高賞となるパルムドールを受賞し、世界中から注目を集めた。

【主な映画出演作】
『万引き家族』(18/是枝裕和監督)
『HOKUSAI』(21年公開予定/橋本一監督)
『都会のトム&ソーヤ』(公開日未定/河合勇人監督)
Rihito Itagaki
板垣李光人
as ノーマン
首の認識番号は22194。
優れた分析力と冷静な判断力を備えたGFハウスイチの天才。
エマ、レイ同様日々行われるテストではフルスコアを記録。
常に笑顔で、子供達を優しく包み込むリーダー的存在。

COMMENT
ノーマン役を演じさせていただきます、板垣李光人です。もともと原作を拝見していたので「ノーマン」役に決まった時は本当に嬉しかったです。自分がやるべきことは2つ。原作を愛しておられるみなさまに最上級(フルスコア)なものをお届けできるよう頑張ること。GFのみんなを心から愛して脱獄に導くこと。月並みな言葉にはなりますが、精一杯努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

PROFILE
2002年1月28日生まれ。山梨県出身。
幼少期よりモデルとして活躍、小学生から俳優活動を本格化し、2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で幼少期の吉田寅次郎役、2018年「仮面ライダージオウ」のウール役などで注目を集める。

【主な映画出演作】
『悪と仮面のルール』(18/中村哲平監督)
『凛-りん-』(19/池田克彦監督)
『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』(21年春公開予定/川野浩司監督)
Naomi Watanabe
渡辺直美
as クローネ
イザベラからの要請により本部から派遣された補佐役(シスター)。
パワフルで快活なハウスの人気者。
喜怒哀楽が激しく、イザベラへの下克上を狙っている。

COMMENT
クローネ役の渡辺直美です。あの表情や感情が豊かなクローネを実写でしっかり表現出来る様に、監督と相談しながら全力でチャレンジしました!そんな激しいクローネに現場の小さな子供たちは軽く引いてましたが…笑 原作は画が可愛いのに衝撃的な展開が続く物語でどんどん引き込まれていく大好きな作品です。北川さん演じるイザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います。私が演じるクローネ役、どうぞご期待下さい!

PROFILE
1987年10月23日生まれ。茨城県出身。
NSC東京12期生。2007年デビュー、ビヨンセのモノマネで一躍注目を浴びる。2016年にはワールドツアー「Naomi Watanabe WORLD TOUR」をNY、LA、台北で実施。現在はNYにも拠点を置き、ファッション・コスメブランドのプロデュースなど多岐に渡り活躍の場を広げている。

【主な映画出演作】
『五つ星ツーリスト THE MOVIE ~究極の京都旅、案内します!!~』(15/島崎敏樹監督)
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18/大根仁監督)
『新解釈・三國志』(20年12月11日公開予定/福田雄一監督)
Keiko Kitagawa
北川景子
as イザベラ
子供達を愛し、子供達から愛されるGFハウスのママ。
エマ・レイ・ノーマンというフルスコアの子供を3人も育て上げるなどママ界のトップオブトップ。
常に慈愛に満ちた微笑みを浮かべているが……? 

COMMENT
オファーを頂いてから漫画を読んだのですが、とても面白くて漫画の世界観に引き込まれていきました。特に私は年齢も近いイザベラにとても惹かれましたし、こんな面白い漫画は初めてだ!と大興奮で一気に読みました。ただ、この役のオファーをお受けするかどうかはなかなか決断することができずギリギリまで考えました。原作ファンの方々も大変多くいらっしゃいますし、オファーをいただいた時は、私には難しいのではないかなという気持ちの方が大きかったです。漫画原作の作品を映像化することの難しさはどんな俳優も嫌というほど理解していますし、今回このネバーランドの世界観を漫画のクオリティを損なうことなく実写化するというのは不可能なのではないかという思いがありました。最終的には以前一度ご一緒した平川監督とまた現場を踏んでみたいという思いと、イザベラの年齢設定やキャラクター含め原作の設定を一つも変えないという確約をいただけましたので、思い切ってお受けしようと決めました。私たちのイザベラとクローネをどうぞお楽しみに!

PROFILE
1986年8月22日生まれ。兵庫県出身。
2003年、ドラマ「美少女戦士セーラームーン」(CBC)の火野レイ役で女優デビュー。2006年、森田芳光監督作『間宮兄弟』に映画初出演を果たし、その後も数々の話題作に出演し、日本を代表する女優として活躍している。

【主な映画出演作】
『スマホを落としただけなのに』(18/中田秀夫監督)
『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(20年11月13日公開予定/深川栄洋監督)
『ファーストラヴ』(21年2月公開予定/堤幸彦監督)